肘内障(小児の肘外れ)

お子様の肘内障(小児の肘外れ)は、伊万里市・立花町・伊万里駅の南ヶ丘かつらぎ整骨院で早期解消できます。
当院では、これまで30年の臨床経験を有する治療家が、お子様の腕の状態を正しく見極め、患部を元の状態へと整えます。

肘内障とは、「小児の肘外れ」の事を言います。肘内障は歩き始めから5歳ぐらいまで、特に1歳~3歳の幼児に起こりやすい疾患です。
小さな子供関節は、未発達な為、腕を強く引っ張ると、靭帯から骨が外れて、肘内障が起きます。
例えば、長袖の服を、脱がそうと引っ張った時や子どもが親の両手にぶら下がった時等、力が抜けた状態で引っ張られると外れてしまいます。また、寝返りを打った拍子に肘が捻れ関節に負荷がかかり、抜ける事もあります。

抜けた時の症状は、腕をだらんとしたまま動かさない、肘を触れられる事を嫌がったり、泣き方がいつもと違ったように、火がついたように泣いたりします。肘内障の異変に気付いたら、お早目に伊万里市・立花町・伊万里駅の南ヶ丘かつらぎ整骨院へお越しください。急患は時間外でも対応しますので、電話連絡の上ご来院下さい。

また、4~5歳のお子様になりますと、稀に脱臼と骨折の合併症などもございます。そういった場合は、速やかに病院と連携を取りながら治療して参ります。

当院へのアクセス情報

所在地〒848-0027 佐賀県伊万里市立花町2404-102
駐車場5台あり
電話番号0955-22-2785
予約産後骨盤矯正のみ、お電話での予約が必須となります。
休診日日曜 祝日

当院は、伊万里温泉白磁乃湯の前にあります。 交差点の少し上の塀にある看板が目印です。